タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. TOP
  2. タッセル
  3. タッセルの結び方
  4. タッセルの糸
タッセルの糸

タッセルの糸

天然繊維や化学繊維を原料とした糸

 タッセルの基本的な素材は繊維素材です。主に天然繊維や化学繊維を原料とした糸ですが、羽根、石、木、ガラス等の素材を用いてタッセルを作ることだってあります。タッセルの糸は、作りたいタッセルに合った素材を選ぶことが大切ですが、それぞれの材料特性や効果を知り、目的に合わせて相性のよい材料を使うことが大切です。


基本的なファイバー素材(繊維)

 タッセルに用いる、基本的な繊維の種類をあげてみましょう。タッセルの素材は、衣服に用いられる繊維として、身近なところにあるものです。特別に“タッセルの糸”というものは、広告文句に使う言葉なのでしょうが、近所の手芸店に行けば手に入るものが多くあります。タッセルの、原初な素材はウール(獣毛)ですが、その後、亜麻、絹、綿、レーヨンという、素材の歴史をたどっていきます。現代のタッセルの素材の中心は、コットンやビスコース(レーヨン)です。


植物繊維:Natural fiber:コットン(綿)、リネン(麻)、バンブー(竹)
動物繊維(獣毛・絹):Animal fiber:ウール(羊)、モヘア(アンゴラ山羊)、アルパカ(ラクダ科)、絹(蚕)
化学繊維(再生・合成・無機):Chemical fiber:レーヨン、キュプラ、アクリル、ナイロン、金糸・銀糸(金属繊維)


手芸糸の活用

刺しゅう糸を始めとする手芸糸は、種類も豊富で素材や色数も様々にあります。

コットン刺繍糸25番手(エンブロイダリー)

ナチュラルな定番素材です。小さなタッセルには、刺繍糸の25番が最適な太さです。糸色が豊富でコードの色と合わせやすく、安価で手に入れやすい素材です。また、糸抜きによって撚り合わせの調整をすればスレッドのバリエーションが広がります。


コットン刺繍糸16番手(アブローダー)

螺旋状に甘撚りのかかったアブローダーは、艶のある均整のとれたスレッドです。エンブロイダリーのような糸抜きをすることはできませんが、そのまま束ねて房にして使える利点があり、房にすると糸の均整度が美しくあらわれてくることが特徴です。


リネン刺繍糸

ナチュラルな傾向から麻を用いたタッセルも多くなりました。リネン(linen)は、亜麻(植物)からとった繊維で作った糸をいい、その種類には、黄麻(jute)、大麻(hemp)、芋麻(chaina grass)、ポリエステル混紡まであります。スタイルを限定した使い方ができます。


スーピマ綿(クロッシェレース糸)

スーピマは南米ペルーの超長繊維をもったピマ綿から作出したアリゾナやメキシコ産 のものです。繊維の均整度にすぐれ、天然の撚りが多く、油脂分が多いことから手触り感と光沢にすぐれています。クロッシェはレース編糸ですが、タッセルの素材として重宝します。


ビスコースレーヨン刺繍糸

人造絹糸と呼ばれる再生糸(原料は木材パルプ)。ビスコースレーヨンと呼ばれ、その製法からしなやかで光沢のある糸が特徴です。化学繊維は染色が難しく糸色が少ないのですが、その光沢と発色の色ヌケは抜群です。単糸はコットン刺繍糸よりも少し太くなります。


シルク刺繍糸

蚕から紡ぐ自然素材の逸品。タッセル素材としてたいへん高価な糸になります。コットンよりも軽く、ふっくらと均整のとれた房状になり、艶やかな発色は品のある仕上がりになるのが魅力です。ただし、素材のデリケートさから扱い方も難しくなります。


ウール(100%)

獣毛繊維では定番のウール。ウール素材には、様々な加工を施したものがあるのが特徴です。ここに紹介するのは刺繍用のウールです。糸色の豊富さと糸抜けの少ない丈夫さが魅力だと思います。主にポンポンに使っていますが、毛先が細く固く形がくずれにくいことが特徴です。


メタリック・ヤーン

18世紀頃の豪奢なタッセルに使われた金糸・銀糸は金属繊維でしたが、現在の金糸・銀糸はポリアクリルを用いたメタリック糸が主流です。コードとの撚り合わせやネックへの混糸などに用い、タッセルのアクセントになる重要な素材になります。

関連キーワード

編集履歴
第一版公開:2011.07.17
第二版公開:2011.12.13
第三版公開:2012.12.29
第四版公開:2015.02.28
第五版公開:2015.07.31

会員制ウェブサイト
会員制サイト