タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. タッセル
  3. タッセルの結び方
  4. 結び目の基本形
タッセルの結び

結び目の基本形

タッセルづくりの作業用結び

 糸や紐の結び目を「ノット:knot」と呼びます。一般には、ロープワークの結び目や釣り糸の結び方等で、結び方と結び目の効果が知られていますが、手芸ではミサンガやリボンの結び方等、結びの概念は装飾結びとして用いられており、結びに対する考え方や効果は、実用と儀礼に分けられるほど奥深い分野です。
 タッセルづくりにおける基本的な結び目は、作業に用いる結び目です。ここでは、作業上知っておくべき基本的な結びとして、1本の糸・紐の端の結び方について解説します。


撚りの作業で用いる結びの基本

 タッセルの初歩には、糸を撚り合わせてコードにした場合に、糸の撚り戻りを防ぐ結び方を習得します。一本に撚り合わせたコードの末端を止めるために、コードの端から中程あたりに節をつくる結び方です。撚りの作業で用いる結びの基本には、止め結び、コイル結び、8の字結びをあげることができます。中で最も基本的な結び目は、コードで輪を作り、端を通して締める止め結びです。縫い糸の作業でいうと玉止めにあたります。コイル結びは、止め結びの輪に端を二回通す結び方です。止め結びよりも強く引き締まり、二重になった大きな節を作る場合です。8の字結びは、止め結びよりも二回交差するため強く引き締まります。撚り戻りの強い糸を使う場合には、止め結びではなく8の字結びで糸端の処理を行います。


編集履歴
第一版公開:2014.05.05

会員制ウェブサイト
会員制サイト