結び

作業用結びの基本

タッセルづくりの端止め・括り

 一般には、ロープワークの結び目や釣り糸の結び方等で、結び方と結び目の効果が知られていますが、手芸ではミサンガやリボンの結び方等まで、結びの概念は装飾結びとして広く用いられており、結びに対する考え方や効果は、実用と儀礼に分けられるほど奥深い分野です。
 タッセルづくりにおける基礎的な結び目は“作業で用いる結び”です。タッセルの基本は“結んでつくる”ものなので、製作では“括り・止め”を間接的に用いなければならない“作業用の結び方”が肝心です。

結びの作業とは
 タッセルづくりの初歩には、糸を撚り合わせてコードにする際に、コードの端から中程あたりに節をつくり糸の撚り戻りを防ぐ結節法があります。1本に撚り合わせたコードの末端を止める結び方には、“止め結び、コイル結び、8の字結び”などが基本作業として必要です。中で最も基本的な“止め結び”は、コードで輪を作り端を通して締める結び方で、縫い糸の作業でいうと玉止めにあたります。“コイル結び”は、止め結びの輪に端を二回通す結び方です。止め結びよりも強く引き締まり、二重になった大きな節を作る場合にも有効です。“8の字結び”は、止め結びよりも二回交差するため強く引き締まります。撚り戻りの強い糸を使う場合には、止め結びではなく8の字結びで糸端の処理を行います。
 このような結び方は結節をつくる方法の違いでもありますが、糸を束ねたときに下糸を用いて予め括ったり縛ったりする際にも、糸の反発や縛り方によって結び方を選択していかなくてはなりません。作業用の結びはタッセルの素地をつくる場合に多用するため、1本の糸や紐を取り扱う上でどのような“結び”にまとめ上げるのかという考え方があります。


編集履歴
第一版公開:2014.05.05