タッセルの装飾性

何かと組み合わせて使う、何かを装飾するタッセル

 タッセルの実用場面はインテリアデザイン分野の中で調度品として用いられています。中でもカーテンを束ねるための房飾りとして一般には広く認知された用いられ方です。インテリアの分野をはじめとして、現在はファッションの分野で服飾の付属品やアクセサリーにも使われるようになりました。タッセルにはどんなアイテムがあり、どのように用いられているかについて、タッセルの現実的な付加価値を掴む大切なポイントを取り上げてみます。

タッセルづくりの価値観

 歴史的にタッセルは、服飾、祭祀、室内装飾として、慣習や風俗を伝える役割を担ってきました。現代のタッセルは、ハンドバックやブーツ等のオーナメントや、ネックレスやピアス等の装身具として用いられるようになり、ファッションのアクセサリーとして付属することで、タッセルは、より身近な結びつきを持つようになりました。タッセルの優美さが、暮らしの想像を膨らませる意図をもって様々なアイテムに利用されているように見えます。今日では流行の手作りアイテムとして注目されるようになり、作ることに知識と技術がいるタッセルは、手芸・カルチャーの分野でも愛好できるレベルでタッセルづくりが参照されるようにもなってきています。
 タッセルを作ること自体が、新たに加わったタッセルの価値といえます。タッセルを装飾性の違いから分類すると、タッセルが様々な装飾品に共さるとき、それぞれタッセルの本質的な意味が象徴として現れてきます。タッセルの現代的な装飾性の設計を新しくするためにも、ぜひとも踏まえておきたい事柄です。


【 Traditional 】文化・風習を受け継いだ古典・伝統的なタッセル
古典・伝統的なタッセルは、古来より人間生活の営みから生まれたタッセルの例示。
民族衣装, 風俗衣装、住居、芸能、軍服、祭服、懸装、祭祀、祈祷、呪術


【 Furnishings 】家具調度品に備え付けられた装飾品としてのタッセル
西洋型のラグジュアリーな日常装飾として用いられてきたタッセルの例示。
カーテンタイバック、カーテンバランス、アームチェアー、ソファークッション、ランプシェード、ピロウリム、タペストリー、テーブルランナー、ドロワーロゼット、ドア掛け、パラソル、ワインカバー、ナプキンリング、ジュエリーボックス、ソファー、テーブルクロス、オットマン、ウォール、シーリング


【 Accessories 】装身具や装飾付属品となって付加価値を高めるためのタッセル
アクセサリーの付加価値を高める働きを持ったタッセルの例示。
ハンドバッグ、ポーチ、ウォレット、チュニクル、帽子、マフラー、ブーツ、シューズ、ブローチ、シュシュ、コサージュ、ストラップ、ブックバンド、ブックマーカー、ネックレス、ペンダント、イアリング、チャーム


【 Ornament 】礼拝品の意味が強調されるオーナメントになったタッセル
礼拝品として象徴性を意味するタッセルの例示。
クリスマス飾り、ヒンメリ、イースター飾り、婚礼、弔事、魔除け、お守り、贈答



編集履歴
第一版公開:2010.04.26
第二版公開:2010.06.07
第三版公開:2011.02.21
第四版公開:2015.08.08