端止め

ホイッピング

タッセルを束ねる結び方「ホイッピング」

 ホイッピング(American-whipping)は、タッセルの基本結束法です。元は綱紐の撚りのもどりを止めたり、撚り紐の端のほどけを防ぐための「端どめ」です。タッセルづくりにおいては、糸房を束ねた後の仕上げで用いる結び方です。
 主にワンピース型ソフトタッセルの首もとを結束して、房の集束点をつくるために用います。ソフトタッセルは、首元の結びで姿形を保つため、最も基本でマスターしておかなければならない結び方です。ホイッピングは、一本のコード(紐)を用いて、結びを固定する支点をつくり、コードを引き揃えながら巻き上げ、コードの端を巻き上げた内側にしまい込む、タック(tuck)という糸始末をします。

  • 結び方1
  • 結び方2
  • 結び方3
  • 結び方4
  • 結び方5
  • 結び方6
  • 結び方7
  • 結び方8

編集履歴
第一版公開:2014.11.01