タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. タッセル
  3. 創作のヒント
  4. 和紙にタッセルを漉き込む
漉き込み

和紙にタッセルを漉き込む

【漉き込み】という紙漉の技法

 和紙を漉くときに、装飾紙をつくるために模様を漉き込むことを「漉き込み」といいます。繊維辺や色紙、金箔(金砂子)や、樹皮、押し花やドライフラワー等を漉き込んだものまであります。
 純楮繊維を原料にした手漉きによる短冊をつくりました。和紙を漉き上げる漉き船は、最大A3サイズまで手漉きができる大型のものを用いましたが、道具である簀桁(すけた)は、竹ひごで編まれた桁を用いています。そのため、竹ひごの太さや編み痕が大きく強調されて、手漉きの風合いが生かされました。

イメージどおりにはいかない漉き込み(失敗)

 盛り上がった物体を漉き込む場合には、大型の簀桁を用いるほうが良いそうで、最初はセオリーどおりの漉き込みを行いました。最初に漉き込んだタッセルは、麻の荷造り紐で束ねたものでした。最初は簀桁である程度の漉きを行ってから、タッセルをのせて、上から薄く溶いた楮繊維をかけて漉き合わせたのですが、結果は失敗でした。漉いた上に乗せるという段階で、紙との一体感がないことや、漉き込んだ部分が盛り上がりすぎて、異物が入っているような状態です。さらに、漉き終えて脱水する際に、裏返して脱水するのですが、この段階で漉き込んだ盛り上がりが、埋もれてしまう結果となってしまいました。おまけに、麻糸の染料が溶けてにじみだしてしまう後始末!!イメージしたのとは全く違う結果になりました。
 勝手なイメージとしては、紙と紙の間にタッセルが透き通る程度に、漉かれているものでしたので、少し漉き込みの手順や方法を変えることにしました。次に使うタッセルは、藁のようなラッピング紐で束ねたもので、すこしバサバサしている形態です。これで再チャレンジ!

純白楮のベール(成功)

 本来は、漉き舟の中に漉き込む材料を混ぜてはいけないのです。せっかくの原料繊維に不純物が入って使えなくなるためです。実習終了間近でしたので、一言お詫びをしまして・・タッセルを漉き舟に付け、少し水分を含ませ浮力がでないようにしました。混ぜ物は浮力で浮いてくるため、実際混ぜてしっかり漉けるかというと、そうではありません。簀桁に乗せて漉き舟に入れても、乗せたタッセルは浮き上がってくるので、ある程度の、原料繊維で定着しておいてから、一回だけ簀桁全体をゆっくり慎重にくぐらせただけです。できる限り漉き残しがないよう、うっすら楮のベールがかかったような漉き終わりで上げ、脱水は、簀桁の簀ごと取り上げて、そのまま剥離せず、簀ごとバキューム脱水することにしました。最初の失敗を踏まえて、漉き込み感をバキューム時に失わないようにしたことで、むしろ形や細部のディテールがバキュームによって明瞭になったことや、簀のディテールが浮き上がってきました。乾燥は、慎重に剥がして真直ぐ自然乾燥です。
 思いつきで作ったタッセルですが、狙ったものより良かったのではないかと思うくらい、使った素材と楮の色がうまく合いました。実際には、漉き込みに集中してタッセルの配置や房の広がり、コードの配置等、気がついたところは、なんとか仕込んでみましたが、正直たまたま上手く漉き込めたというところです。素材も自然素材の方が合いやすいことや、浮き上がる!色が出る!等、いろいろな問題と出会って勉強になりました。

編集履歴
第一版公開:2012.08.15

会員制ウェブサイト
会員制サイト