カーテントリミング

トリミングとパスマントリー

 「繊維製品としてタッセルは、「房・飾り房。カーテンを取り寄せたときに用いるバンド。」(JIS L 0212-2 : 1999「繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)−第2部:繊維製インテリア製品」番号341)と定義されています。
 トリミングは、インテリアコーディネーションにおいて用いられている用語です。日本工業規格「繊維製品用語」からは、室内の装備・装飾に使用するものと定義されています。インテリアカーテンにおいては、カーテン装飾を総称して「トリミング(trimmings:英語)」といいます。カーテンという言葉は、ラテン語のコルティナ(防寒のための覆布)が、イギリスにおいて転じたとされているように、タッセルも英国用法が元です。手芸では最近になって、フリンジやタッセル等の技巧に着目した、パスマントリー(passementerie:フランス語)と総称するようになりました。1985年の資料「LAURA ASHLEY DECORATION(1985年/フランス版)の中では、タッセル・タイバックを含むカーテン装飾付属品を、パスパマントリー(Passmenterie)として位置付けています。パスマントリーは、組紐・レース・房飾り等の歴史において、室内装飾品として関わってきたことから、カーテントリミングと同じ意味を持つものと考えられますが、「カーテンを束ねる房飾り」においては、タッセル=トリミングの視点があるということです。

カーテントリミングにおけるタッセルは「窓飾り」

 カーテントリミングでは、カーテンを引き寄せるタッセルの正式名称を「タッセル・タイバック」と呼びます。カテーンを留める結び帯に、二つの飾り房を垂らしたスタイルが一般的です。一本のタイコードから留め結びで二股にループさせ、コードの両端にフィニアル型の房飾りを誂えるものです。
 タッセル・タイバックは、タイコードからフィニアル、スカートの端にいたるまで、カーテンをコーディネートするために仕立てることが目的です。カーテンエッジのフリンジと対比させたスカートや、プリーツやフリルとのバランスをとったラフやタフ、カテーンファブリックのボーダーやストライプを取り入れたフィニアル、カーテン柄のモチーフを引立てるカラーやフォルムまで、カーテン布地と共生させるための、カスタマイズをすることが特徴です。また、房型の留め飾り以外にも、シンプルなコードだけで留めるコード・タイバックもありますが、ダブルコード・タイバックやフリンジ・タイバック、ひだや折り目をつけて編んだプレイテッド・タイバック、リボンに結んだリボン・タイバック等、飾り付けるタイプ別も多彩です。カーテントリミングにおいては、カーテンをコーディネートする上で、カーテンをどのようにテールまで美しくたゆませて、トータルなバランスを整えようとする窓飾りなのです。

《トリミング・アクセサリーの代表例》
タッセル・タイバック(Tassel Tie-back):房型の留め飾り
コード・タイバック(Cord Tie-back):紐型の留め帯
ブレイド(Braid):カーテンの裾を縁取るテープ状の組み紐
タッセル・フリンジ(Tassel Fringe):小さな房を細かく連ねたふさべり
ギンプ(Gimp):針金芯の入った平打ち紐の飾り


編集履歴
第一版公開:2015.09.27