tamping

タンピング

タッセルのヘッドボリュームをつくるタンピング技法

 ソフトタッセルの形は、先頭部(ヘッド)と房部(スカート)に二分されるフォルムです。綛糸に使う糸の太さや長さに基づいて、量感を調整しながらフォルムを整えるため、ヘッドやスカート丈の短・長の調整はできますが、ヘッドやスカートの幅を広げたり膨らませるには、まとまった糸にボリュームを与える形成方法を用いなければなりません。タンピング(tamping [tamp])は糸の量感を調整する有効な技術です。

ソフトタッセルの抑揚
 ワンピース型タッセルは、糸だけで一体に束ねてつくるため、シルエットの変化に乏しいことが短所です。一定量の糸でフォルムを組立てることで、先頭部と房部が一本調子に構成された「てるてる坊主」のようなタッセルになるわけです。本来ソフトタッセルの形態は、主たる組み紐や縁飾りに伴う「付け房」の役割を果たすもので、過度な抑揚を押さえた形というのが根底にあるのだろうと思います。今日のタッセルには、タッセルが与える直接的な感じ方もあり、ソフトタッセルを単一の装飾品として取り出すための考え方があります。ワンピース型であってもフォルムの起伏に富み、シルエットがメリハリを持った形態になる事が望まれるところです。
 タンピングを直訳すると、「締固め」(しめがため)という意味があり、詰めて圧縮したり突いて固めることを指します。タッセルづくりで用いると、先頭部分を元にして、詰めた糸が押し縮んで膨らんだ状態になります。手芸の手法においては、タッセルの先頭部を“ふわっ”と膨らませて簡易なボリューム付けをする、単一の「潰し方」もありますが、タッセルに於いて本格的に用いるタンピングは、コードの結節を支点にして束ねた糸を、直線的にスライドさせながら押し下げて「詰める技術」をいいます。タンピング技術には、ソフトタッセルの部位に応じた特別な手段と表現があるからです。タンピングによって形成された先頭部は、糸が解けないようしっかり詰まって安定した状態であり、先頭部だけではなく、ソフトタッセルの首元部(ネック)や、胴部(ボディ)の形成まで利用することができる技術です。

  • tamping1
  • tamping2

編集履歴
第一版公開:2015.12.16