ストラングルノット

ストラングル・ノット

結束を引き締めるストラングル・ノット

 ストラングル・ノットは、オーバーハンド・ノットを二重に巻くため、ダブルオーバーハンド・ノットとも呼ばれています。結び目の力点が二重になるため、締め付けが強くなる結び方です。巻く回数が二重になるだけで結んだ糸が滑りにくくなり、束ねた糸の素材反発が強い場合には有効な結び方になります。
 タッセルづくりでは、下巻きの縛りに汎用する縛り方ですが、締め付けを保つことはできても、結び目を完全に固定することにはなりません。そこで、結び目の止め上げに、オーバーハンド・ノットや、同じストラングル・ノットを組み合わせた「サージョンズ・ノット」に展開し結び上げます。

  • 結び

編集履歴
第一版公開:2017.06.30