結節の基本

結節の基本

糸や紐を結び合わせて節をつくる

 糸や紐を結び合わせて節をつくる「結節」は、タッセルづくりでは随所に用いる結びの手法です。結節は単なる糸の端止めの他に、結節を起点とするバインドや、止め結びの役目を持たせたり、装飾的な結び目として表したりします。タッセルを吊り下げるための掛け紐をつくる際には、1本の紐から輪になるよう結び合わせることで結び目が隆起します。
 結節は、どう結ぶかよりも、どのように用いるかによって結び方を選ぶものです。端止めに用いる場合は、ひと結びと呼ばれるオーバーハンド・ノットを用いますが、レーヨンやポリエステルで撚り合せたコードなどは、撚り戻りが強くエイト・ノットを用います。また、タッセル・フォームへの中通し止めに用いる結節や、サスペンド型のタッセルのコードに用いる場合は、結節を大きく結ぶダブルオーバーハンド・ノットやウォール・ノットを用いて、結び目の形を考えなければなりません。結ぶ事象に応じて使い分けをしていくのです。


編集履歴
第一版公開:2017.06.30