tassel

TASSEL "RELIEF"

タッセル・パスマントリー

 タッセルのフォルムに、糸と糸の束ね目や編目を浮き出させたレリーフ。これも?ソフトタッセル!こんな細かなデザインを作ることができるの・・糸目を重なり合わせて、糸紋の起伏を作り立体的な意匠とするのが、タッセル・パスマントリーです。

糸紋の起伏をつくるタイイング
 ソフトタッセルは糸だけで束ねるのですが、その糸を意匠的に活かす手法です。素材は全てスーピマ綿。コードからスネイルさせたフィニアル型のボールヘッドを冠し、少し浮き出したラインモールドで、ヘッドとスカートの流れを繋いでいます。スカートにはクロスオーバーした掛け格子を浮彫り、スカートエンドをタフで設えています。コードからスカートエンドまで一体成形したオリジナルのタイイングです。
 このようなサイズのタッセルでは、タッセルの意匠を意図してデザインすることが難しく、ファンデーションを綿密に計画し、詳細なタイイングで作り込まなければなりません。意匠は古典的なディテールですが、小さなソフトタッセルで実現するところが魅力です。ツイストしたコードの撚り目、ヘッドにスネイルした縞、縦に流れるウエストライン、ラフに編み込まれた結び目、クロスオーバーのタフテッドスカートから覗くスカートのストレートライン。これだけの糸目が重なり合って、糸紋の起伏を作り立体的な意匠とするのが、タッセル・パスマントリーです。


編集履歴
第一版公開:2013.05.15