タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. タッセル
  3. 創作のヒント
  4. 巻き珠
巻き玉

巻き珠

木球を糸や紐で巻いて装飾する珠飾り

 巻き珠と呼ばれる飾りは、タッセルやカルトナージュを装飾する便利なアクセサリーパーツです。木球を芯にして糸や紐で巻く、ラッピングという技法を用いて作ります。タッセルづくりで度々登場するようになりましたので、巻き珠とは何かについて概説として触れておこうと思います。

巻き珠とは

 一般に「巻き玉」は、木のボール(木球)を糸や紐で巻いて装飾する総称ですが、原型は「木の芯に数色の糸を巻いた珠飾り」です。元は真珠のような高価な宝飾物を指す「珠」を意味するものです。
 芯にする形には、球形のものからナツメ形、卵形、壺形、菱形、錐形等があり、形を組み合わせた飾りにしていくので、正式には「巻き珠」になります。中でもオーソドクスに用いやすい形が球形の「巻き玉」なのです。
 クリスマスのオーナメントとして小さな「ヴァル:飾り球」(2010)を製作しましたが、クリスマスツリーに飾るボーブル(bauble)は、生命の樹を象徴する果実を意味したものとされます。


ラッピング技法

 巻き珠は基本的に糸や紐で包むラッピング(wrapping)という技法を用います。単一の木球を珠飾りとするために、繋いだり吊るしたりできる中通しの穴が球の中心に開けられています。この中通しの穴を糸で包んでいく起点にしていきます。
 ラッピングの基本技法には二種類の方法があります。一つ目は、木球に対して水平に、糸や紐をカタツムリや巻貝のように螺旋状に巻いていく「スネイル:snail」という巻き方です。二つ目は、木球に対して垂直に、糸を縦に巻いて縞をつける「ストライプ:strip」という巻き方です。スネイルに用いる木球の中通し穴は、紐の巻き始めと終わりを処理するために、小さな穴の木球を用いますが、ストライプに用いる木球は、巻いて束ねた糸を集約するために大きな穴の木球を用います。スネイルとストライプとでは木球の用い方が全く違います。技法として横に巻くスネイルと、縦に巻くストライプとして分けられるのですが、主に紐(コード)を用いて層をなす縁を魅せるスネイルに対して、主に糸を用いてラインので模様を魅せるストライプの違いがあります。


巻き珠のラッピング技法

スネイル:Snail
ストライプ:Strip


関連キーワード

編集履歴
第一版公開:2015.08.13

会員制ウェブサイト
会員制サイト