tassel-1

2015 ANNIVERSARY TASSEL "Noél-2015"

巻き珠とタートルヘッドのカップリングスタイル

 ソフトタッセルの基本典型の中で、最も難しい束ね方が「サスペンドヘッド」型です。サスペンドヘッドは、文字通りタッセルの先頭部をサスペンドコードの結節で留め付ける技法です。
 サスペンドヘッド型は、先頭部から綛糸を折り返して、丸く先頭部を形成して束ねるのが基本です。基本典型の中では、バインディングヘッドに似て見えますが、円筒形のバランスがよい曲面シルエットになるのが特徴です。
 コードの結節を芯にして、綛糸を折り返すことで先頭部の膨らみを形成するため、結節の大きさや形、結節の位置や止め付け方、綛糸の折り返し方によって、タッセルの仕上がりに大きく影響してきます。一見してタンピングヘッドのように見えますが、ヘッドのターンオーバーした糸がループフリンジして開いた状態にしています。ちょうどタートルネック(とっくり襟)のような開き方になることから「タートルヘッド」と名付けました。ヘッドの大きさはタンピングヘッドに比べて薄く軽やかな糸の開き方をします。また、サスペンドヘッド型は、結節点から四方に美しく糸が流れる構造のため、タートルヘッドを定座として機能させれば、巻き珠と組み合わせた、フィニアル装飾まで愉しむことができます。


編集履歴
第一版公開:2015.12.14