タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. タッセル
  3. タッセルの結び方
  4. 結び房の美しさ
結び房

結び房の美しさ

タッセルの起源美

 タッセルは治め方を形に現すと同時に、起こりの部分をつくるのもタッセルの意味。房の原形に近い「結び房」は、結びあがりを7本で揃えるもの。これまでの感謝とこれからの幸せを、祝いの数として使う古くからの慣習は、タッセルの意味が持つ起源美のひとつです。


房飾りと「結びの文化」

 結びによる房は、西洋語のタッセルとは呼ばず「房飾りの結び」と称した結びの一種です。結びを連続して一つの房にしたものや、紐を編んで組んだ組紐の房をみると、結びを尽くした末端を房でとめた全体を「総」(ふさ)と指したことを理解することができます。主に贈答や祝いに用いる「房紐」として結んだ飾り房として現れています。水引などに使われる、祝いの代表的な「花結び」は、主に「入れ紐」に使われる結び方ですが、房の姿をもつものではなく、紐の結び合いに願いが込められたものです。付け房を代表する「総角」(あげまき)結びには、結び目が「入」の字形のものと、「人」の字形のものとがあり、一般には「入」形の総角を用い、「人」形は鎧などの武具にしか使わない習わしとされています。房飾りと結びは、古来から生活様式と深い意味を持って結びついたものです。


結び房とタッセル

 タッセルは単独で房状に作る成り立ちから、各種の装飾的な姿に形成していくものです。タッセルの元にする基本的な要素は、タッセルの本体を形成する房と結束する紐です。「綛糸:かせいと」を房状にしたものに、糸を撚り合わせて強くした「撚り紐」で束ねるのです。基本的なタッセルは、綛糸を結束して房にする形態を総称する「結び房」が原形です。
 結び房は、西洋タッセルに見られる結び方を指す「西洋結び」と、日本の飾り房に見る結び方を指した「日本結び」とに分けることができますが、固有の文化がもつ伝統的な「結び」に基づいた捉え方であろうと思います。

編集履歴
第一版公開:2014.11.01

会員制ウェブサイト
会員制サイト