エイトノット

エイト・ノット

レーヨンやポリエステル紐の端止めに

 エイト・ノットは、8の字を巻くように結び合わせてつくる結節法です。エイト・ノットは、主に細引きのコードの端止めに用いるのですが、結び目が滑べってしまう化繊素材に有効な結び方です。固く小さな結び目で、バインディングヘッド型の小さなタッセルの掛け紐の結節に用いることもできます。掛け紐をつくる場合は、ループで8の字に結ぶと結び目が二重になることから、ダブルエイト・ノットと呼ばれます。結節をタッセルの骨格にする上では、丸く均等な形状が理想ですが、8の字に巻いた装飾的な結び目を巻き締めると、少し平らな形状になってしまいます。また、甘く結んで8の字の装飾結びを見せることもできます。覚えやすい結び方で、素早く使えることが利点です。オーバーハンド・ノットと合わせてマスターしておく結び方です。

  • 結び

編集履歴
第一版公開:2017.06.30