ダブルオーバーハンドノット

ダブルオーバーハンド・ノット

結節を大きくつくる簡易な結び方

 オーバーハンド・ノット(一重)から、さらに二重に巻くストラングル・ノットから展開するのがダブルオーバーハンド・ノットです。タッセルづくりでは、ストラングル・ノットを結束で用いるのに対して、ダブルオーバーハンド・ノットは結節で用いることが特徴です。オーバーハンド・ノットの結節よりも大きくつくることができます。二重に巻いた結び目が円筒形になることで、ループコードに大きな結節をつくることができます。サスペンドヘッド型の結節や、タッセルフォームの中通し止めの芯に利便があります。また、タッセルの大きさに合わせて三重結びもできるため、結び目の大きさを一段階上げた、トリプルオーバーハンド・ノットにも展開することができます。

  • 結び1
  • 結び2

編集履歴
第一版公開:2017.06.30