pompon

初夏のガーデン・アクセ

リネンシルクを素材にポンポンの綱飾り

 リネンシルクを素材にした3連球のポンポン・ギルランド“Bossa Bossa”。単球どうしをブラスゴールドとアクリルビーズで繋ぎあわせた時季のポンポン飾り。
 羊毛ポンポンの温かさから一転して、フレンチリネンの柔らかさをポンポンに活かしたものです。見た目に羊毛感を残しますが、麻のサラっとした素材感にシルク混紡のしなやかさが触感のフレークが特徴です。バスケットのシダ編みに合わせて、ブラスゴールドとアクリルビーズのジョイントコードを作っています。まとわりつく繊維コードとは違い、節を持ったスイング感もインスピレーションです。ハンギングは、ループしたコードをカウ・ヒッチでは結ばず、装飾丸カンでコードをヒッチさせる簡単なスルーヒッチです。丸カンもポイント遣いの演出になっています。
 “Bossa Bossa”は、リネンを束ねたら「ボッサ!ボッサ!」からネーミング。ナチュラルな涼感の中にエッジィなディテールを持ったポンポン・ギルランドは、バスケットとの組み合せでは、品のあるガーデンアクセに仕立てました。


編集履歴
第一版公開:2015.05.25