オリジナルタッセル

TASSEL "BERET"

タンピング:tamping

 ソフトタッセルの形にアクセントをつくる「タンピング:tamping」という手法を用いた、新しいワンピース型タッセルをご紹介します。タッセルの先頭部分を突き固めるタンピングは、タッセルの先頭を丸く平らなバルーン状(ふくらみ)に形成する手法です。

新しいワンピースタッセル
 最も基本的なタッセルの束ね方になる、コードでタッセルのヘッド部分を結束した「バインディング・ヘッド」(binding-head)は、タッセルづくりの基本を学ぶソフトタッセルの一つです。ソフトタッセルは、ヘッド(先頭部)からスカート(房)までをワンピースで仕上げるため、あまり形に変化をつけることができません。そのため違いを持たせる部分を作ろうとすれば、どうしてもヘッドの先端にビーズを入れたり、ネック周りの装飾でアクセントを付けたりするので、いっそのこと!典型ごとフォルムをデザインし直したタッセルにしています。それだけに2色で取り合わせた配色でタンピングしたり、コード結びにアクセントをつくったり、ダブルホイッピングで連関した作りになっています。“デザインしたところに技法がある”新しいタッセルです。


編集履歴
第一版公開:2015.11.10