アバジュール

アバジュールの形とカルトナージュ

 アバジュール(abat-jour)は、フランス語で“ランプシェード”という意味です。ランプシェードの傘の部分を布で仕立てる工芸技法の総称として「アバジュール」と呼ばれています。アバジュールは耐熱プラスティックシートにファブリックを張って、シェードの骨組みに組立てる手法です。傘の外装を布で装飾するところがカルトナージュに似ていますが、ランプシェードは、布を通じて光源からの明かりを透過させるため、カルトンを用いてランプシェードの傘を作るわけではありません。本来の領域はインテリア照明デザインになるのですが、ホビーやカルチャーとして取り扱う部分は、照明器具や部材を除いた傘づくりだけです。フレンチテイストで呼ぶ“アバジュール”という魅力を表したものだと感じます。

アバジュール

アバジュールの形の魅力
 カルトナージュから見たアバジュールの魅力は、柔らな曲線でスカラップに広がるシェイプや、スマートな筒になったチューリップ型のシェイプ等、二次曲線を持った特有の形に立体を作っていることです。アバジュールに使う芯材は、透過する薄く柔らかいシートのため、針金で湾曲した骨組みを作り張り込むことができます。しかし、カルトナージュの芯材は厚紙です。カルトナージュでアバジュール風に作ることもできるでしょうが、箱のような直線主体のモチーフがいいところです。アバジュールの形を正確に製図することができたなら、カルトナージュで直円錐や角錐、斜円錐といった難しいフォルムを応用することができるようになります。

ランプシェードの典型
 ランプシェードを意味する「アバジュール」(仏:abat-jour)は、カルトナージュの形として魅力的です。カルトナージュでシェードそのもを作ることもあるようですが、シェードの形は下向きになるため、箱や器皿に実用する場合には、形を上向きで用います。ヨーロピアン様式のランプシェードは、骨組に帆布して筒状にする手法ですから、アバジュールの典型は、円錐形であるコニック(conique)と、円筒形のアメリケン(americain)です。製図に堪能な方なら、左四つは容易に仕立てるでしょうが、最後のベル(曲すい台形)については、難しい製図になります。曲すいは、基本を「角すい」とし、裾が湾曲して広がる形態です。多角形になるほど、曲線のシルエットが強調されます。

  • 製図

 アバジュールのフォルムを象徴するような形の作例を紹介しておきます。単にシェードを模して筒状にしたものですから、カルトナージュとしての用途性は全く考えておりませんのでご了承ください。アバジュールのベーシックな形は円錐形や円筒形ですが、カルトナージュでもお馴染みの形ですので、アバジュールらしい魅力ある形として、チューリップハットのような形を選びました。
 小さなモデルで作成したものですから、曲線の貼り合わせが美しくないのでご容赦ください。シェードらしくエッジにスカラップを入れ、光源が上下に広がるフレアディテールにしています。そのためボディにS字曲線の絞りが入っています。この部分がカルトナージュでは最も難しいのではないかと思います。アバジュールの形は、シェードとする筒形を作ることですから、箱のように作ったり、蓋を被せたりするものではありませが、カルトナージュの新しいテーマを見つけることができるモチーフではないかと考えています。

  • アバジュール

編集履歴
第一版公開:2011.10.04
第二版公開:2012.12.11