トートバッグ

TOTE STYLE

手持ち鞄型カルトナージュ・トートバッグ

 身近にあるトートバッグですが、カルトナージュで作るとなると?・・・ペーパーバッグとキャリーバッグの中間的な存在になるカルトナージュ製のトートバッグです。マチのない口開きに、マチ巾のある底によって、フォルムがゆるやかにラウンドし、シェイプが少し扇に開くようなバッグフォルムです。

トートバッグのモチーフ
 日常使いの実用性からファッション雑貨の一つトートバッグは、ブティックやインテリア雑貨店のショッピングバッグとしても用いられており、主に商品の運搬を目的としながら、ファッション雑貨としてのスタイリングをアピールするアイテムです。
 トートバッグは実用的な大型の手提げ袋として、生地はナイロンやキャンバスなど、底布地や手付けを別色の生地に切り替えて、台形に縫製されたデザインが特徴です。一般的なペーパーバッグにも、このトート型台形バッグが雛形として用いられており、底マチだけついた形を指してバケツ型と呼ばれたりしています。
 カルトナージュでバッグを作ってみたい!と思うことはあるものですが、そもそもバッグの袋モノ構造とカルトナージュの箱モノの作り方は、なかなかリンクしないのです。無理に作ると持ち手の付いた硬い厚紙の吊り箱のような仕立になってしまいます。箱の作り方で設計すると“不自然な仕立て”になってしまうのです。バッグを目指すのか、カルトナージュを目指すのか?手強いモチーフです。

  • tote

編集履歴
第一版公開:2013.05.13