スカラップ

女性の美しさを「弧」で表現するスカラップ

 カルトナージュのディテール(細部)として用いられている装飾縁「スカラップ」。2012年春のフラワー柄と相まって流行するスカラップ。最近お店で目をひいたフラワー柄のハンカチの縁取りもスカラップでした。
 スカラップは帆立貝の波形に模した、装飾的な縁取りを呼びます。日常的にファッションや、インテリアの用語として用いられており、カーテンやスカートの裾(ヘム/hem)などに使われる、波うった装飾です。アンブレラやランプシェードの縁取り等にも見られます。そもそもスカラップは、主に建築の装飾様式として有名であり、イスラム文化の流れをくんだ門壁の開口形状であったり、壁面の隙間をうめるニッチ装飾等の様式美として用いられてきました。その名の起源とされる帆立貝の波形を模したのは、ロココ様式の影響によるものといわれ、レース装飾(スカラップレース)や刺繍にまで用いられており、その帆立貝の波形にカットされた弧の美しさは女性を象徴するとさえいわれます。

  • scallop

カルトナージュ製図とスカラップ
 スカラップは取り上げて新しいディテールではありませんが、装飾として意識すると使いたくなります。従来からカルトナージュで用いられていたディテールですが、形の基本は箱の口辺を円弧で切り整える形式です。基本とする半円状の形を組み合わせた「連続性」が特徴です。スカラップの用い方には二通り考えられます。一つ目は、スカラップレースやスカラップ刺繍 、スカラップモール等の装飾的なパーツを、カルトナージュの意匠として後付けするアレンジ方法です。二つ目は、カルトンの形状自体を、スカラップにするスカラップカットです。スカラップカットはディテールの作図となるため、装飾性に応じたスカラップ図形を考えることになります。

  • scallop

編集履歴
第一版公開:2012.05.31
第二版公開:2012.12.25