くぐり組み

輪形カルトナージュの構造

 輪の形を二つ組み合わせる「くぐり組み」という技術です。輪形の設計は、サークル形を基礎にした製図によって成形することができます。最も重要なのは、定形物の個体寸法を元に内装寸法を割り出して、円環の広さや仕切り等の配列を決めることです。円環構造は、外巻きと内巻きの側面を平行に倒立させてラウンドさせなければならず、外巻きよりも内巻きを作ることが難しくなる構造特徴を持っています。

リング構造
 リング構造は、サークルの中央に穴を開けたドーナツ状の形状です。サークルを基本形状にしますが、外巻きに対して内巻きを平行に組み立てるところが特徴です。特に難しい内巻きの入れ方は、内輪に対して巻き組み付けしていく方法と、予め巻いたものを組み付ける方法とがあります。カルトンで紙管成形しやすい方法を用いることになります。始めにリングの輪どうしを、片方の底板を切って組み合わせて繋ぎます。切った底を繋ぎ直してから、互いの内巻きを成形し、最後に外巻きを成形しています。

  • 製図
  • 製図

みなし設計のペアリング
 ペアリングに組み合わせるためには、全てをみなし設計で作らなければなりません。試作のカルトンモデルは、底の形から、側面の高さを見当立てるための重要な工程です。リングどうしが干渉する間隔と、最適な円環を求めることが最も重要なペアリングのポイントだからです。ペアリング部の遊びにみなし寸法を含めると、内輪寸法が大きくなります。しかし、それに連れて外輪寸法も広がります。これは、輪形面(収納幅)がどれくらい必要かを定めた上で見当立てしなければならないからです。繋がった箱どうしの大きさと、繋がった箱どうしの間隔のつり合いを取る複合設計になっています。


編集履歴
第一版公開:2017.11.01