タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. カルトナージュ手帖
  3. スタイル別カルトナージュ
  4. プラトー
ロザンジュ

PLATEAU STYLE

魅ひらく菱形のロザンジュ

 カルトナージュのモチーフとしては定番中の定番!「トレイ」。しかし、同じスタイルでないカルトナージュとは?「魅ひらく」瞬間をフォルムにとじこめたカルトナージュ・トレイは、トレイづくりの進化形に!


新しいプラトーづくりへ

菱形という意味のロザンジュ

 シンプルなテーマ「トレイ」を、見せること一点に絞り込んだカルトナージュに仕立ててみると、今まで飾り立てた仕立とは違ったトレーづくりになります。これまで何度となく作ってきたカルトナージュだけれど、自分らしくつくりこなせたと思える大切なカルトナージュを手に入れてみる。ロザンジュでトレイの実用性に、ちょっとのクリエイティビティを加えたこだわりのカルトナージュです。
 カルトナージュのテーマの中では定番中のトレイ。少し古いテーマであっても、手作りから新しい価値観づくりはできます。これまでの上質感より美的なものをみつけていく、カルトナージュの原点回帰です。


カルトナージュの言葉

 ロザンジュ・トレイの元は平坦な菱形の形、製図の形取りも簡単にできる典型を基礎にしています。それを元に、斬新なカタチのデザインを考える作り方ではなく、創る喜びを見える形にしたTassel N流のアレンジです。形のシルエットは菱形ですが、曲線を用いた安らぎと美しさで飾ったフォルムです。箱のように側面を閉じるのではなく、器として開ききったものでもない、花や葉が開くような自然的必然性を目指したものです。形を形容することば『魅ひらく』は、カルトナージュの言葉でもあります。

関連キーワード

編集履歴
第一版公開:2015.04.16

会員制ウェブサイト
会員制サイト