ヘラ掛け

布箱づくりにおけるヘラ掛けの手法

 「ヘラ」(篦)は、画材や文具、裁縫道具から調理器具、工具にまで様々な種類があります。布箱づくりで用いるヘラは、くるみ製本や革製本(パッセカルトン)で用いるものと、ほぼ同じです。中でも、パッセカルトン用の角ベラ(つのべら)は、カルトナージュの道具として代名詞です。  ヘラは用途に応じて、印を付けたり、押しあてたりする用い方をします。手製本の分野には、ヘラにまつわる独特の言い回しがあり、”折り、回し、返し、溝入れ”など、慣習に基づく道具立てと用い方に奥深さを感じます。

  • ヘラ

ヘラ掛けの手法
 布箱づくりでは、角ベラ」「平ベラ」「スプーンベラ」が一般的です。布箱の作り方に照らして、自然と揃えられていく道具でもあります。角ベラは製本用途で、平ベラはカーフィルム貼り用の工具に用い、スプーンベラは、アートクレイのモデリング用の粘土ベラで用いるものです。どれも本来カルトナージュ用ではありませんが、箱づくりに最適な形状であるということです。近年は、独自の工夫がされたカルトナージュ用のヘラも販売されるようになりました。布箱づくりにおけるヘラ掛けの総称については、布地の定着や圧着をする用い方に種類があります。作業性の特徴から捉えてみることにします。

折り
布地に折り目をつけ、折り代を曲げて形を整える用い方。

返し
布地を包む際に、折り代や巻き代を裏返する用い方。

巻き
布地のくるみ角の処理や、芯材の角や隅にのり代を巻き込んだりする用い方。

押し込み
折り代や巻き代の始末や、箱の隅へ詰め込んで隠したりする用い方。

差し込み
折り代や巻き代では包めない箇所に、適度な隙間に差して挟んだりする用い方。

つぶし
布地が重なり合った折り代や巻き代に、力を加えて平らに整える用い方。


編集履歴
第一版公開:2013.07.01
第二版公開:2016.02.28