ダブルカルトン

カルトンワークの合わせ技

 オーバル形やサークル形を作る場合は、側面をラウンドさせて組み立てます。作り始めた頃は、小さな箱でも結構長い側面を巻くものだなと思いました。原紙から紙取りしても紙目を取ると長さが足りなくなってしまうので、カルトンをつなぎ合わせて作ったものです。特に問題になったのは、曲げ形成とつなぎ目の筋でした。できれば繋ぎたくないのですが、繋いでも美しく曲がり、しかも大きな箱ならカルトンの強度も保てる方法を考えたところ、ニ重に重ねて巻くダブルカルトンという手法を合わせ技として用いるようになりました。独自の手法ですが、構造を補強しながら、いかに美しいラウンドにできるかという巻き方になっています。カルトンを取り扱う際の付加要素技術というところでしょうか。

カルトンを逆に上巻きする効果
 Nカットを逆に切った二枚の展開図を用意しておきます。二枚目に使うカルトンは、一枚目の上から巻くため、一枚目よりも長く紙取りします。また、形のクセ付けを行うテンプレートも用意しましょう。次に、一枚目のカルトンを巻いて水貼りテープでつなぎ組み付けます。内側からテンプレートを天と底に固定しておきます。形が整った上から二枚目のカルトンを巻きます。こうして巻くと、中のテンプレートが芯になって、外側からの貼り遊びのないきれいな巻きになります。巻く位置は一枚目の繋目とは反対側のフラットな面から巻き始めます。巻き終わりが長くなる分、実際に巻いてからカットする方が合理的なので、巻き始めから半分程度までは、接着剤で固定しておき残りの巻き終わり位置に印をつけてカットする位置を決めます。しっかり巻き締めなければ、自然に巻いていくのとでは力の配分が変わってくるので注意しましょう。ダブルカルトンの手法によって、尖った繋目が互いのフラットな面にあてがわれて目立たなくなってくる利点があります。また、繋目を分散させることで、カルトン強度のバランスをとることにもなります。それでいてラウンドした側面の厚みをしっかりと作ることができるのです。

  • carton
  • carton
  • carton

編集履歴
第一版公開:2011.08.23