ヒンジカバー

蓋付き開閉の箱「ヒンジカバー式」

 一般紙器の形態において蓋付き開閉の箱を「ヒンジカバー式」と呼んでいます。カルトナージュの形態における典型を基本に、蓋やヒンジ仕様の違いによって様々に類型化していくため、ヒンジを特徴的な要素技術として位置づけることができます。

ヒンジカバーとは
 「ブロックメモボックス」(写真例/紙器カルトナージュ)を例に上げてみましょう。このようなカルトナージュは、一般には、書籍の形態を模していることから「ブックタイプ」と呼ばれていますが、本来ブックタイプは立てて使うものを基本にするので、このような箱は、ブックタイプであっても平置して使うために、仕立て方によってはしっくりこない場合があるかもしれません。正確な形態としては、エクステンションエッジ付スクエアボックスを原型にした、ヒンジカバー式スクエアボックスと呼ぶことができます。
箱の構造は据え置き型で、上面を蓋として開閉するヒンジカバー(蝶番が蓋を兼ねている構造)の仕組みになっています。このようなヒンジ構造は、一軸でつくる折りヒンジというカルトナージュでは最もポピュラーな手法です。蓋と背面、背面と底面を折り曲げて連結させ、底と背面は固定し蓋のみが開閉する一体成形ヒンジの仕組みになっています。蓋と背面が直角に折り曲がっていることから、直角ヒンジという種類になります。比較的に単純なカルトン構造と少ないパーツで組み立つことから、基礎的な製作工程で仕上げるモチーフになっています。

基本的な折りヒンジ(一軸式直角ヒンジ)
 ヒンジカバーは蓋を折り曲げて連結させるため、ヒンジを作る技術が求められます。ヒンジの要素技術は「溝きり」という上製本で用いられている手法です。カルトンを芯材にした蓋を開閉しようとすれば、背と蓋を「溝」で切って繋ぎます。ヒンジカバー式が基礎技術として好まれる理由は、底・背・蓋を平の状態で作成できるため、初級者でも作業が容易だからです。底・背・蓋は、それぞれ単板で切り出されたものを、溝を切って繋ぐのですが、底と背は身箱によって固定し、背と蓋のヒンジのみを可動させるよう残します。底・背・蓋は垂直に固定した箱の状態に組立てるため、ヒンジは直角の範囲で可動するのです。

  • hingicover
  • hingicover

編集履歴
第一版公開:2010.02.02