製図とカルトンのカット

カルトンの特徴とカット方法

 カルトナージュで製図の精度を活かすには、正確にカルトンをカットすることが大切です。詳細な設計をし正確な作図を起こしても、カルトンのカットで台無しにしてしまわないよう、製図に関わるカルトンのカットについて、押さえておくべきポイントを上げてみたいと思います。

カルトンの紙目に留意する
 カルトンへの製図は、紙目を正しくとって製図をすることが前提です。図のように四角形の辺は、紙目に沿った辺はカットしやすく、紙目に逆らうと切りにくくなります。円形は全て紙目に逆らうため、四角形よりも切りにくい図形だと留意しておきましょう。切りにくい箇所は無理して一度で切らず、製図線をゆっくりトレースしながら、数回に分けて深く切り抜いていきます。

  • carton

製図線の外側をカットする気持ちで
 作図寸法に基づく製図線は、細く描くのが基本ですが、できれば線の外側に沿ってカットすることが望ましいのです。なぜなら、一般的なカッターの刃の厚さは0.5mmあるため、作図線の真上をカットすると、カッターの厚みで小さく切り出すことになります。作図線の外側をカットすることで、ほぼ寸法どうりのカルトンを切り出すことができます。仮に真上または内側でカットした場合には、両辺合わせて1mmの誤差がでることになります。例えば、被せ蓋の遊び寸法や、内装の仕切りをフィックスさせる場合には、0.5mmの技術は必ずでてくるものです。とはいえ、製図線は、カッターの刃よりも細いですから外側を切る? といっても気持ちの上で意識するだけでも、正確な作図を活かすことに繋がるものです。通常の作業において、それほど神経質になることはありませんが、カルトナージュでシビアな作図をする場合は大切です。
 グレー台紙に異なる細さで円弧の作図線を引いて比較した例です。一番外側の線=0.5mm(製図ペン)、真ん中の線=0.3mm(ゲルインクペン)は、内側の線は、2Hのペンシルホルダーによる鉛筆線です。これだけ細さが違うと、カッターの刃をどこで引くかは、少なからず影響してくるはずです。

  • carton

初級者における注意点
 製図を学ぶと同時に、カルトンをカットする難しさも感じるはずです。カルトナージュの大きさが中型になってくると、固い芯材で強い構造を作るために扱うカルトンの厚みは2mmに及ぶことがあります。薄い再生紙を積層させて厚みをもったカルトンは、大変固く切りにくいのです。製図はカルトンに直接描くのが普通で、カルトンに描いた作図どおりにカッターで切り出していくのですが、製図を活かすカットをしなければ、苦労した製図がやり直しになってしまいます。

  • carton
  • carton

 写真(左)は、カルトンの切り出しが一定でないため、被せ蓋と身箱の遊びが極端に違った例です。しかも、八角形の角接ぎにおいて、カルトンの切り口が一定でないため、歪んだ小口どうしを接合することで、さらに歪んで組立ってしまうのです。身箱と蓋箱が大きくズレています。写真(右)は、側面の接合部分に隙間を生じた例です。上辺は合っているのですが、下辺が小さくなっています。製図では、正しく水平垂直で作図しても、カットの段階で歪んで切ってしまったことが原因です。真直ぐ切ったつもりでいても、真直ぐに切れないのがカルトンです。失敗を重ねて上手くなっていくものです。


編集履歴
第一版公開:2015.02.28
第二版公開:2015.08.20