アークトラス

カルトンを用いて湾曲した形状にする技術

 アーク・トラス(arc truss)は、丸いボウル状の皿や壺、筒等を平面板で組み立てるために、曲線状にしたカルトンを弓なりに曲げて、曲面で構成する湾曲技術・技法としての意味・表現技術です。カルトンを湾曲した形状で組み立てる仕組みは、カルトナージュづくりの視点で、橋や屋根の構造設計に関するトラス・アーチの構造に着目して、呼称することにしました。元々カルトナージュに備わった技術ではありませんが、主に平面で立体構成するカルトナージュにとって、平面をつなぎ合わせて曲面構造にできれば、さらにカルトナージュの魅力が広がるのではないかと試行しているものです。

“参考ページ:カルトナージュ製図「プレート形」”
“参考ページ:カルトナージュ技法「湿式成形法」”

  • arctruss
  • arctruss
  • arctruss

編集履歴
第一版公開:2018.07.11