タッセル&カルトナージュ「幸せの感嘆符」  Contemporary Japanese Tassel and Cartonnage
  1. HOME
  2. カルトナージュ手帖
  3. 創作のヒント
  4. 知っておきたい布箱づくりの寸法
製缶寸法

知っておきたい布箱づくりの製図寸法

カルトナージュ「3つの製函寸法」

 製図技術を身につけて、正確に作図できるようになることは、とても大切なことです。しかし、カルトンを芯材にする布箱づくりでは、厚紙を用いた箱の組立てができてこそ、正確な製図が活かされると実感します。ここで基本的な事柄になる、製図のときに「カルトンの厚みを考慮した製図を行なうこと」について述べておきます。


製函寸法とは何か

 製函(せいかん)とは、厚みのある紙を成形して箱を作ることです。一般的な薄厚紙で作られた紙器であっても、箱の蓋や底を閉じるためには、紙の厚みを考慮した設計がなされています。布箱づくりでは、1mmから2mmの厚紙を芯材に用い、表面を布地で化粧張りして組立てるため、カルトンや布地の厚みを、箱の寸法内に考慮した製図をしなければなりません。そこで布箱づくりの設計においては、「仕上がり寸法、設計寸法、みなし寸法」これら3つの寸法を考えて製図をすることになります。これら3つの寸法を布箱づくりにおける製函寸法といいます。


仕上がり寸法:完成を想定した寸法
設計寸法:実際に組立てる寸法
みなし寸法:素材どうしの緩衝を想定した寸法


〈仕上がり寸法と設計寸法〉
 布箱づくりの始めは、どのような箱の大きさにするかを考えます。このとき大きさの想定をするのが「仕上がり寸法」です。箱の高さ、長さ、幅、深さ等、完成したときに仕上がる寸法を決めるのです。製図では、想定した仕上がり寸法を元にして、箱のパーツ(各面板)を紙取りできるよう設計しなければなりません。この段階で、実際に使用するカルトンの厚みや組立て方法を考慮した実寸法を明確にするのです。これが「設計寸法」です。
 下図は仕上がり寸法と設計寸法の違いを示した例です。仕上がり寸法(例)では、箱全体の長さと幅を端から端まで想定するのですが、設計寸法(例)では、想定した全体寸法内に、カルトンの厚みと接ぎ方を考慮することで、実際に使用する長さと幅の実寸法が異なってくるのです。この設計寸法で紙取りをして組立てることで、仕上がり寸法に組み上がる関係性を持ちます。

〈設計寸法とみなし寸法〉
 布箱づくりの設計においては、設計寸法に基づいた「モックアップ:mock-up」(実物大の模型)づくりをして、箱の全体のフォルムや構造を確かめることが重要です。例えば、蓋箱と身箱の被せ具合や、ヒンジの閉じ具合、ドロワーの引き出す具合等、実際に使用する材料どうしの緩衝を検証するために有効な方法です。この緩衝性を考慮した寸法を「みなし寸法」といいます。みなし寸法は、仮に設定した設計寸法で組立てた場合、カルトンの厚みや、布地の厚み、接着剤の厚み、紙取りの誤差等を全て考慮すれば、仕上がり寸法になるだろうという、見込み寸法を含んだ値をいいます。“そうなるだろう”と想定して設定する寸法を、設計寸法に反映させなければなりません。みなし寸法は、仕上がり寸法から決定した設計寸法を基にして、新たにみなし寸法に直して最終的な紙取りをします。そうすることによって、仕上がり寸法で完成する関係性を持っているのです。
 下図は被せ式箱の断面図を元に、みなし寸法の取り方を示した例です。仕上がりを想定した、設計寸法の断面図では、蓋を被せる緩衝寸法を適切に設定したとします。そうすると、化粧工程では、蓋の内側に内装材の厚みが加わり、身箱の外装には布地の厚みが加わるため、その厚みを実寸法にみなして、蓋と身の隙間をもっと開けることになります。みなし寸法例では、みなし寸法を身蓋のどちらに含めるかで、身蓋を組み合わせたときの設計寸法が異なることを示しています。仕上がり寸法において、蓋箱を活かす場合には身を狭め、身箱を活かす場合には蓋を広げる考え方をしなければならないということです。

関連キーワード

編集履歴
第一版公開:2011.09.10
第二版公開:2016.02.10

会員制ウェブサイト
会員制サイト